人生観

真性包茎のクリニックによる治療の内容

包茎の治療といえば、余分な皮をメスで除去する手術療法が広く知られていますが、これは美容目的で行うやり方であり、主に仮性包茎と呼ばれる状態を対象とした場合に選択されます。
これに対して、真性包茎に対しての泌尿器科などの一般的なクリニックで実施される標準治療は、外用薬を塗布して少しずつ状態を良化させるというマイルドな内容です。

ちなみに、真性包茎の治療の最終的な目的は、排尿や射精を問題なく行えるような状態にする事です。具体的には、包皮を問題なく剥けるようになることで、常に先端部分が露出していなければならないというわけではありません。
つまり、通常時は包皮に覆われていても良いという事で、いわゆる仮性包茎と呼ばれている状態であっても何の問題もないという事です。

一方、真性包茎の状態から包皮を除去して先端部分が常に露出している状態にしたいという場合は、泌尿器科ではなく美容クリニックで治療を受けなければなりません。
この場合の手術療法に対しては健康保険は適用されないので、費用は全額自己負担となります。
具体的な金額は自由診療という事から美容クリニックごとに異なりますが、平均的な相場は200,000円前後です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です