• 人生観

    真性包茎の手術、術後に注意点はあるの?

    真性包茎の場合見た目に悪い印象が持たれやすいですし、衛生的にも悪い点が多いので注意が必要です。
    それを改善するために手術を受けるわけですが、手術をすれば一気に問題が解決されるのか?と言われればそうではありません。
    もちろん、手術が成功すれば見た目も衛生面の問題も解決していきますが、手術で健康な細胞をあえて傷つけることになるので、その範囲が炎症が起こしたり、痛みや腫れを伴ったりすることがあります。
    一定のダウンタイム期間が過ぎれば何の問題もないものの、術後の傷や炎症が癒されるまでの期間は入浴や過度の運動など血行を極端に良くする行為は避けなければいけません。
    血行が良くなりすぎることで傷の治りが遅くなりますし、出血が促されてしまうこともあります。
    この他、性行為に関しても傷が完全にふさがって痛みが伴わなくなるまで、避ける必要があります。
    クリニックによって多少の違いはあるものの、少なくとも術後数週間程度は患部への過度の刺激を避けるようにしましょう。
    この術後の注意点さえクリアすることが出来れば、傷を最短で治すことが出来て、いつも通りの生活により早く戻ることが出来ます。
    真性包茎の治療を受けるなら、この点は押さえておくに越したことはありません。

  • 人生観

    真性包茎の手術による治療の費用はどのくらい?

    真性包茎はペニスの部分に包皮が被さった状態で勃起をしても亀頭部分が露出しない状態にあります。真性包茎の割合は少ないものの年齢を重ねるとそれが悩みに繋がることも多いという実情があります。
    もし悩まれる方がいたら、美容整形外科による手術による方法での治療がおすすめです。
    ただ一口に美容整形外科の手術がおススメと言っても、どのくらいの治療費用がかかってしまうかが懸念されることも多かったりしませんか?
    そこでおすすめになるのはネットを活用する方法で、料金表も明示されているのでそれを参考にしてみることがポイントです。
    口コミや評判も良い大手のクリニックであれば、その料金表通りになるので一度、相談をしてみる価値が存在します。
    もちろんしっかりとしたクリニックでは、後からの追加料金が生じないかどうかの側面もしっかり説明されることも多いです。
    真性包茎の治療でもパック制を導入しているケースも見られ、手術後のメンテナンスの費用も含まれている場合もあります。
    大体の相場は手術の費用だけで20万前後の料金に設定され、それで解決することも可能です。
    もちろん真性包茎だとペニスが小さい点もあり、その後にペニス増大を実現したい希望が生じることもあります。
    そういう場合は追加料金になりますが、包茎の治療だけであればそれほどかからないので、悩むよりは信頼できるクリニックに一度相談してみることがおすすめです。

  • 人生観

    真性包茎の手術の料金はクリニックごとに違う

    包茎には色々なタイプのものがありますが真性包茎に関しては病気になるリスクが高いこともありますので、病院の泌尿器科ならば手術に対しては健康保険の適用がありますのでお金をかけたくない方はこちらがおすすめとなっています。
    ですが、より見た目にこだわるならばクリニックの方が良いです。
    それは、クリニックは包茎治療をただするだけでなく見た目の美しさにもこだわりがあるからでしょう。
    手術した跡が残ることを多くの男性が嫌がりますので、それを解消してくれるのはクリニックとなります。
    病院の泌尿器科はあくまで包茎治療をするだけになりますので、見た目の美しさにはこだわってはくれません。
    ただしクリニックの場合には、健康保険の適用がないので実費になってしまいます。
    つまり、料金が高いというわけです。
    真性包茎をクリニックで受けた場合には、だいたい20万円前後が相場になります。
    学生の場合には学割キャンペーンがあることもありますので、さらに安くなることもあります。
    しかし一番大事なことは、トラブルがないことだと思っています。
    クリニックで真性包茎を含めた包茎治療には高額な料金がかかりますので、トラブルが起きるのは勘弁してもらいたいところです。
    そこで口コミ情報も併せてリサーチしておくことが大事になります。

  • 人生観

    真性包茎のクリニックによる治療の内容

    包茎の治療といえば、余分な皮をメスで除去する手術療法が広く知られていますが、これは美容目的で行うやり方であり、主に仮性包茎と呼ばれる状態を対象とした場合に選択されます。
    これに対して、真性包茎に対しての泌尿器科などの一般的なクリニックで実施される標準治療は、外用薬を塗布して少しずつ状態を良化させるというマイルドな内容です。

    ちなみに、真性包茎の治療の最終的な目的は、排尿や射精を問題なく行えるような状態にする事です。具体的には、包皮を問題なく剥けるようになることで、常に先端部分が露出していなければならないというわけではありません。
    つまり、通常時は包皮に覆われていても良いという事で、いわゆる仮性包茎と呼ばれている状態であっても何の問題もないという事です。

    一方、真性包茎の状態から包皮を除去して先端部分が常に露出している状態にしたいという場合は、泌尿器科ではなく美容クリニックで治療を受けなければなりません。
    この場合の手術療法に対しては健康保険は適用されないので、費用は全額自己負担となります。
    具体的な金額は自由診療という事から美容クリニックごとに異なりますが、平均的な相場は200,000円前後です。

  • 人生観

    真性包茎は基本的に手術が推奨される問題

    真性包茎は基本的に手術しなければなりません。
    他の包茎とは種類が違っているためです。
    自力で包皮が露出出来る仮性包茎の場合、速やかに手術を行う必要性は薄いと言われていますね。
    一方で真性包茎は露出させることが難しく、包皮と亀頭の間に異物がとても入り込みやすいのです。
    そこに雑菌や異物が入り蓄積すると、悪臭の原因となりえます。
    男性のペニスはその構造的に汗や皮脂の汚れ、そして恥垢が溜まりやすいです。
    ごく一般的なペニスであれば、それはお風呂場で綺麗に出来ますし、比較的洗いやすいため、異性の方に不快感を与える事は少なくようですね。

    翻って真性包茎は常に包皮を纏っているため、悪臭が常に発生しやすく、清潔感を維持する面でも問題があります。
    全員に高いリスクがあるわけではありませんが、真性包茎は性病の遠因にもなるようで、専門医は挙って手術を推奨しています。
    自慰行為や性行為をする上でも、真性包茎はハンディキャップになりやすく、亀頭が正しく露出しなければ正しいセックスが出来ない可能性が高いです。

    セックスレスが包茎によって起きれば、それはとても不幸なこととなります。
    手術は基本的に若くて体力と時間がある40代以下の間に受けるべきだと推奨されています。